金融機関コード:1645

文字サイズ
中
大

サービスのご案内

しんきん電子記録債権サービス

しんきん電子記録債権サービスは、電子記録債権法に基づきでんさいネットを利用して提供する新しい決済サービスです。

電子記録債権とは

電子記録債権とは

支払企業(債務者)のメリット

納入企業(債権者)のメリット

でんさいネットとは

全国銀行協会が設立した電子債権記録機関「株式会社全銀電子債権ネットワーク」を通称「でんさいネット」と呼びます。

でんさいネットの3つの特長

  1. 手形的利用
    • 中小企業の資金調達の円滑化に資する最も汎用的な利用方法として、現在の手形と同様の利用方法を採用しています。
    • 手形の取引停止処分制度と類似の制度を整備しています。
  2. 間接アクセス方式
    • 金融機関を経由してでんさいネットにアクセスする方式により、現在利用している取引金融機関をそのまま利用できるため、安心してサービスを受けることが可能です。
  3. 全国の金融機関が参加
    • 全国の金融機関が参加する信頼・安心のネットワークのもと、社会インフラとして構築されます。
    • 既存の金融機関間の決済システムを利用し、確実に資金回収できる仕組みの提供が可能です。

電子債権取引イメージ

電子債権取引イメージ

セキュリティについて

ページトップに戻る

2014 THE KITAOSAKA SHINKIN BANK.