先輩メッセージ先輩メッセージ

一人ひとりに向き合った接客で、個々のニーズにお応えしていきたい。

一人ひとりに向き合った接客で、個々のニーズにお応えしていきたい。

石川 春花

石川 春花Haruka Ishikawa

(2014年入庫 文学部卒)

One Day Schedule

 
出勤
9:00
開店
窓口でお客さまの対応、さまざまな事務処理
15:00
閉店
勘定締め

退店
人が好き、接客が好きだから、
お客さまに喜んでもらえるアドバイスを。

石川がテラーを務める支店は、賑やかな駅前に位置する。「とても忙しい店舗ですが、お客さまとお話をするのが何よりの楽しみ。名前が珍しいので覚えてもらいやすいようです」と、うれしそうに顔をほころばせる。入庫2年目、チーフテラーとして支店の現金管理からATMへの補充、後輩の指導まですべてを任されている。「慣れるまでは苦労の連続で、お金というものを大量に扱う責任もプレッシャーでした。でも、まわりの手厚いサポートもありましたし、次第に商品知識が増えてくると、一つひとつバラバラに感じていた仕事にもつながりが見えてきて、おもしろく感じられるようになったんです」。印鑑紛失などの難しい手続きも、今ではスムーズに受付できるようになったと言う。また、「お客さまとの何気ない会話の中からもニーズを引き出すよう心掛けています。その中から家族構成をつかんで、高校や大学受験を控えたお子さまがいれば、それまで積み立てをしましょうねとか。『子育てがんばる定期積金』という商品があって、金利が上乗せされるんです」。単に要望に応えるだけでなく、ベストな金融サービスの提案やセールスにまでいかに発展させるかがポイント。「せっかく当庫を選んでいただいたのだから、お客さまに少しでも喜んでいただき、お得に利用してもらいたい」という石川の心遣いでもある。

必要な商品知識や資格を取得し、
ベストな金融サービスの提案に貢献。

また来たいと思える丁寧な接客と同様、新たなニーズを掘り起こすのもテラーの大切な仕事。「近くの病院で働いているお客さまで、お話をしている中からご主人が定年退職されることを知り、退職金定期「ひとまず」を提案しました。しばらくして、ご夫婦で私を訪ねて来てくださり、ご契約をいただいたときは、本当にうれしかったです」。つい先日、ご主人の年金振込口座も当庫に指定していただいたとのこと。お客さまが石川を信頼し、その商品に満足しているという確かな証拠だ。「気をつけているのは、ミスをしないこと」。基本的なことだが、大切なお客さまのお金を預かっているからこそ、一瞬のミスも許されない。石川が活用しているのは、入庫以来、自分でまとめてきたノート。為替やオペレーションなど業務ごとに整理し、今でも気がついたことを追加・更新していく生きたマニュアルだ。「ノートを見ながら、後輩に指導することもあります。自分が当時、思っていた疑問を再発見できたり、役立つことがいろいろあるので手放せません」。チーフになってからは、自分の仕事だけではなく、支店全体の動きや数字も意識するようになった。「必要な商品知識や資格をもっと増やして、お客さま一人ひとりと向き合った接客をしていきたいです」と語る石川の笑顔に、プロとしての自信も着実に育っている。

先輩メッセージ
中川 歩奈

預金担当

中川 歩奈

(2018年入庫 人間科学部卒)

石川 春花

預金担当

石川 春花

(2014年入庫 文学部卒)

國松 良平

融資担当 代理

國松 良平

(2006年入庫 経営情報学部卒)

紀田 真治

融資担当 代理

紀田 真治

(2007年入庫 法学部卒)

友田 雄貴

渉外担当 主査

友田 雄貴

(2009年入庫 経営学部卒)

井原 美菜子

渉外担当

井原 美菜子

(2017年入庫 経営学部卒)

野上 克成

渉外担当 主任

野上 克成

(2013年入庫 商学部卒)

ページトップに戻る